芸工展2019
  1. TOP
  2. 実行委員会日記

今シーズンは、ゲレンデに往けていない。

ので、久しぶりに雪をみた。ベチャ雪だけれど愛しい。

からだとこゝろのバランスを摂るために<雪山にいるとこんな不自然なことに気付かないのだけれど。>朝に夕に、散歩しつつ近くの忍ばすの池の周りをランニングすることにした。

最初は、頑張って走って、翌日から急にどっかのお爺ちゃんみたいに筋肉痛で、痛たと云いながらもたもた歩くこととなった。

しかしマインドワークは、恐ろしいほどウマくいったので、痛さも快感みたいな妙な感動で一杯だった。走るのが俄然楽しくなった。

ぼくは、なんでもマテリアル重視で<80年代ミーハー精神>何年も穿いてる、チャンピオンの草臥れたリヴァースウィーブのスウェットパンツをアメアパのスウェットに買い替えたりして、気分を盛り立てた。<こうすることで、多少の挫折感や壁を乗り越えられる。スノボーで覚えた、止められなくなる先行投資法?>

このパンツ一枚でも、また大分感覚が違った。明らかにアメアパのスウェットは、軽く肌に馴染み走りやすい。<ぼくは、洗脳されやすい。>すぐに走るの苦しー、辛いー、止めた、立ち止まろー、なんでこんな寒い時期から始めたんだろー?という様な、マインドクルージンが布切れ一枚で、なかなか出て来なくなった。

ラッキー。

また凄く最初は着込んでいたのだけれど、<ほんと寒いです。>他のランナーが皆薄着なのを見て自分も実感するほど、汗がどうしてもどっと出て、物凄く熱くなり、また反ってそれが冷えて辛いのが理解できた。

それと外気に1週間ほどすると慣れて来て、インナーにコットンと薄いウールのカットソーとアウターにコットンパーカーで、寒くても十分保温され、走っても通気性に優れている事が実感された。

どうもあまりシャカシャカするヤッケみたいのは、最近好みでないので着てない。化学繊維は、オーラを壊すとかも読んだからか。

足元は、ナイキのフリーです。これは、良いです。革新的に違うとおもう。特に砂利とか土道を踏む感覚が素晴しいです。

コンクリートには、些かハードな印象を持つけれど、あんまり上下動を入れないで走れば問題なく、足首周りが嫌が負うにも鍛えられる感を得られます。

ここ一ヶ月くらいは、コンスタントに走ったりしております。