芸工展2019
  1. TOP
  2. 実行委員会日記
  3. 谷中、夕空.

谷中、夕空.

「太陽が沈み夜を迎えるまでのわずかな時間。

その夕暮れどきだけに見せる東京の表情を撮ろうと思った」

そう語るのは写真家の鷹野晃氏。
10年以上、東京の夕暮れや屋上という独自のテーマをもって

撮影に取り組んでいる写真家です。

 

谷中の夕空は、僕も好きです。

まちを離れてしまった今では、
普段、中々お目にかかることのできない風景であるから、なおさら。

夕陽に照らされるまちを見ていると、
自然に過去へと回想します。
記憶がこちらへ舞ってやってくる。

そんな夕空を、次はいつ見られるだろうか。

20120328-014932.jpg