芸工展2019
  1. TOP
  2. 実行委員会日記
  3. 「今年の芸工展はまちを歩くことから・・・」

「今年の芸工展はまちを歩くことから・・・」

紫陽花とまちのあちこちで出会える

やさしい季節となりました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

1993年に始まった芸工展も今年で、無事に27回目を迎えることができました。これもひとえに皆さま方のお力添えのおかげと思っています。改めまして感謝申し上げます。

 

「毎年10月は芸工展月間。」

 

一昨年、このキャッチコピーを繰り返しお伝えしてきました。

そして昨年より、主催は実行委員会から「賛同人一同」として、これまでの参加者有志+実行委員有志が仲間(同志)となり、「賛同人一同」として主催するに至りました。

これからも「賛同人一同」として、「芸工展」を通じてこのまちの文化・芸術を創出していきたいという願いは変わりません。

 

そして、「まちじゅうが展覧会場」となる秋・10月の風物詩として、長い年月と共に日常化された表現と交流の祭典「芸工展」が、このまちに根づき続けることを祈っています。

 

2019年は10月の開催に向けて「芸工展カフェ」に加え、「芸工展さんぽ」を前のめり企画として開きながら、芸工展ゆかりの方々と意見交換を行い、味わいながら実施方法を具体化していきたいと思っています。

ぜひ、「賛同人」として、一緒に「芸工展2019」を創出していただけませんでしょうか。

 

〈前のめり企画〉実施案

①芸工展2019〈前のめり企画〉として、「芸工展カフェ」と「芸工展さんぽ」を開きます。10月に向けて、お互い主催者(仲間・同志)としての意見交換、活動内容等の共有を図る場として、芸工展事務局メンバーを中心に開いていきます。10月のまちじゅうの表現・交流を一層味わえるよう、内容の方策の検討をご一緒にお願いいたします。

 

芸工展カフェ」では、芸工展の活動紹介を行ったのち、毎回のテーマに基づき意見交換を行います。芸工展がはじめての方もぜひご参加ください。会場は主に、「ギャラリーTEN(住所:台東区谷中2-4-2)」となります。

ギャラリーTENオーナーさんのご厚意により会場を提供していただくことになっております。予めの開設予定日時は以下です。変更が生じた場合は改めてご案内します。

 

芸工展さんぽ」では、少人数でまちをめぐりながら、芸工展ゆかりのひとや場所を訪ねます。芸工展2019「まちかど展覧会」への呼びかけも行います。一歩深く、このまちを味わいたい方、ぜひ一緒にまちをあるきましょう。

 

【芸工展前のめり企画日程(予定)今後追加していきます】

6/23(日)

10:00~11:30

芸工展カフェ@ギャラリーTENにて

「芸工展2019ガイドマップ制作」について意見交換

11:30~14:30

芸工展さんぽ@ギャラリーTEN前集合(定員:5名程)

 

6/30(日)

10:00~11:30

芸工展カフェ@ギャラリーTENにて

11:30~14:30

芸工展さんぽ@ギャラリーTEN前集合(定員:5名程)

 

・7月以降も月1~2回ほど開催を予定しています。

*「芸工展カフェ」又は「芸工展さんぽ」への参加を予定される方は、芸工展メール(geikoten(アット)gmail.com)へお知らせください。※メール送信時には(アット)を@に変更して送信してください。

 

②「芸工展2019」会期は、10月1日~31日となります。

 

③6月下旬より「賛同人」に呼びかけ、芸工展2019を彩る「まちかど展覧会」出展者を募ります。

「まちかど展覧会」出展の目印は、引き続き、招き・サインとなる芸工展カラーの「赤い手ぬぐい」です!会期中は必ず、お忘れなく、赤い手ぬぐいの招き・サインの掲示を会場外側にお願いいたします。

芸工展がはじめて等で手ぬぐいを購入希望の方は、芸工展カフェorさんぽ企画にて1枚¥1.000-にてお分けします。

 

④運営資金は、賛同人一同各位のカンパ募金を考えています。

芸工展カフェの折にカンパ募金BOXを用意しますので宜しくお願いいたします。

もしくは、芸工展口座振り込みも可能です。お振込みは一口¥1.000-から宜しくお願いいたします。

 

みずほ銀行 根津支店 普通預金口座1715577「谷中芸工展」まで。

 

⑤開催内容を掲載したガイドマップ制作等は現在未定であり、今後の意見交換の場にて具体化していきます。

 

⑥主催は「芸工展2019賛同人一同」となります。

 

⑦会場は変わらず「谷中・根津・千駄木・上野桜木・日暮里・池之端界隈」

 

⑧9月中旬 「芸工展2019賛同人一同」交流会(会場:ギャラリーTEN)予定。

唯一の賛同人一同のお顔合わせの場となります。日程は決まり次第ご連絡します。

この折に、一昨年から活用の「まちの薬味」看板にまちかど展覧会の各位のDM掲示も可能です。

 

 

今年も芸工展活動を通じて、ゆるやかなつながりが生まれますように…

このまちの好きなところが私たちの中に広がっていきますように…

芸工展事務局一同