芸工展2018
  1. TOP
  2. 実行委員会日記
  3. 活かし方、無限大

活かし方、無限大

【芸工展アーカイブフォト】


芸工展まちかど展覧会として、以前まちのランドマーク 市田邸で催された劇の風景。

市田邸や谷中の歴史も織り交ぜられた台本。芝居は空間やまちと交錯し、リアリティあるストーリーがとても印象的でした。

そう、活かし方は、無限大なのです!

 
また、芸工展は、手づくり市のように参加の場所は決められていません。
 
参加する一人一人が、まちを歩き、自分が気に入った場所があれば、その持ち主と相談して決めていただく形をとっています。

 
その人にとっても特別な場所が増えることや、持ち主との交流も味わってほしいとの願いが根底にあるのです。

 
といっても、はじめてだと会場を自分で見つけて!と言われてもなかなか難しいと思います。

 
この劇の企画も事前に実行委員に相談をいただき、市田邸を管理している方へつないだことで実現しました。

  

すべてのご要望には答えられるか、正直わかりませんが、芸工展カフェでも相談賜ります。

  

展覧会や作品のイメージを持参してのご参加、こころよりお待ちしています。

企画詳細

http://geikoten.f-set.jp/2015/members/detail/83