芸工展2018
  1. TOP
  2. 実行委員会日記
  3. 六日目~偶然でも良い~

六日目~偶然でも良い~

今日は曇りだったが、本当に気持ちの良い青空も時折顔を覗かせた。暑くも無く、寒くも無く。だけど太陽は爽やかに照っている。週末もこうなってくれれば・・・。いやいや、皆さん。昨日も書いたけど、雨なんか気にせず谷中に来て下さいね。

午前中から「ルーツ尺八」のでうさんと尺八を吹きながらまちを巡る。実際にまちを歩きながら吹くのは初めての経験だった。すれ違う人の視線が気になるかと思ったが、やってみると全く平気。部屋にこもって吹いているときより、ほんの少しだけ伸びやかな音が出たように思う。でうさんは最終日、ほぼ一日中インフォメーションセンターの横で尺八の公開製作をするそうです。

その後、しばしインフォメーションセンターの店番。今日はそれほど多い人出ではなかったが、それでも着実にガイドマップは売れていた。

三時頃から一時間ほど、芸工展巡り。今日回ったのは、
・「51.はと個展」「80.ブックデザイナーの隠れ家」「81.YANAKA HOUSE」「83.空の日記(詩展)」「84.トラーズワールド パッチワークキルト展」

どれも興味深い展示でした。それにしても芸工展は多種多彩ですね。

とある企画を見ている時、横にいた若い三人組。芸工展なんて全く知らないらしく、「たまたま歩いてたらこの企画が目に入って。面白そうだから立ち寄ってみました」、というような会話をしていました。

勿論ガイドマップが売れなくては困るけど、そういう偶然も大事にしていきたい。そうやって各参加者の方達のもとに、色んな形の出会いが舞い降りる。芸工展の存在意義はそこにあるような気がするのです。